【mineo】で携帯料金を安くする!

mineoで携帯料金を安くする方法

みなさま、こんにちは。
今回は「mineo」について調べてまいりました。
mineoの公式ホームページをみた限りでは、料金プランの構成が複雑に感じたので、わかりやすくまとめてみました。

Contents

mineoの料金プラン

mineoには、2つの料金プランがあります。
それは「ドコモプラン(Dプラン)」と「auプラン(Aプラン)」の2つです。
また、mineoでは、それぞれのプランの中で2種類のタイプを選択することが出来ます。
「シングルタイプ」と呼ばれるデータ通信のみのタイプと「デュアルタイプ」と呼ばれる音声通話ありのタイプです。
まずは、これらの料金プランを見てみましょう。

【公式】mineo

mineoのドコモプラン(Dプラン)

シングルプラン…データ通信のみ

 500MB:700円/月
 1GB:800円/月
 3GB:900円/月
 6GB:1,580円/月
 10GB:2,520円/月
 20GB:3,980円/月
 30GB:5,900円/月

デュアルプラン…音声通話あり

 500MB:1,400円/月
 1GB:1,500円/月
 3GB:1,600円/月
 6GB:2,280円/月
 10GB:3,220円/月
 20GB:4,680円/月
 30GB:6,600円/月

mineoのauプラン(Aプラン)

シングルプラン…データ通信のみ

 500MB:700円/月
 1GB:800円/月
 3GB:900円/月
 6GB:1,580円/月
 10GB:2,520円/月
 20GB:3,980円/月
 30GB:5,900円/月
※ドコモプランと同じ価格

デュアルプラン…音声通話あり

 500MB:1,310円/月
 1GB:1,410円/月
 3GB:1,510円/月
 6GB:2,190円/月
 10GB:3,130円/月
 20GB:4,590円/月
 30GB:6,510円/月
※ドコモプランと比べて90円安い計算

 

ドコモプランとauプランの違いは?

上記でmineoのドコモプランとauプランの料金表を記載いたしました。
次に、この2つのプランの違う点を見てみましょう。

①mineoのサービス提供エリア

名前の通り、mineoのドコモプランは「ドコモ回線」、mineoのauプランは「au回線」を使っています。
その為、同じmineoでも、キャリアに寄って使用できるエリアが若干異なります。
都内であればどこでも電波が入るかと思われますが、地方にお住いの方であれば事前にエリア確認を行っておきましょう。
また、mineoのauプランのデータ通信においては3G回線を使うことが出来ませんので注意が必要です。

ドコモプラン
データ通信/音声通話…ドコモXi(クロッシィ)エリア、FOMAエリア

auプラン
データ通信…au 4G LTEサービスエリア
音声通話…au 4G LTEサービスエリア、au 3Gサービスエリア

 

② mineoで利用できる端末

mineoは、それぞれのプランで利用できる端末が異なります。
iPhoneはどちらも使えるようになっていますが、Androidスマートフォンをご利用になる場合は、自分が使いたい機種がどちらのプランに対応しているのかを確認してからmineoに契約するようにしましょう。

詳しくはmineo公式ホームページより、タイプごとの対応機種のページをご確認ください。
ドコモプラン
http://mineo.jp/device/devicelist/docomo/
auプラン
http://mineo.jp/device/devicelist/au/

 

③ mineoの音声通話サービス

mineoでは、それぞれのプランで利用できる音声通話サービスが異なります。

ドコモプラン
 迷惑電話ストップサービス
 留守番電話サービス
 国際電話サービス
 国際ローミングサービス(WORLD WING)
 割り込み通話サービス
 番号通知サービス
 転送電話サービス

auプラン
 三者通話サービス ※一部のmineo端末では使用不可
 迷惑電話撃退サービス
 お留守番サービスEX
 au国際電話サービス
 国際ローミングサービス(GLOBAL PASSPORT)
 割り込み通話サービス ※au VOLTE対応SIMでは利用不可
 番号通知リクエストサービス
 ボイスメール
 着信転送サービス

auの方がより多くの音声通話サービスを利用できますが、法人でもない限りは特に使用頻度の多くないサービスばかりです。
また、利用する際には別途月額利用料金が発生するものが多いので注意しましょう。

④ mineoのSMS

mineoでは、それぞれのプラン、それぞれのタイプにおいて「ショートメール」の送受信が可能です。
ですが、mineoのドコモプランのシングルタイプにおいては有料となります。

ドコモプラン
シングルタイプ:有料 ※申込時、SMSありorなしを選択する。
デュアルタイプ:標準装備

auプラン
シングルタイプ:無料 ※申し込み必要
デュアルタイプ:標準装備

⑤ mineoの料金プラン

上記記載の料金表をご参照ください。
料金面だけ見るとauプランのデュアルタイプの方が90円安くてお得です。

以上、5つの点において違いがあります。
次に、2つのプランの共通点を見てみましょう。

2つのプランの共通点

 国内通話は一律20円/30秒。
 月額850円を支払うことによって「5分かけ放題」に加入することが可能。
・ただし、専用アプリ「mineoでんわ」を使う必要がある
 最低利用期間が設定されていない
・契約した翌月に解約したとしても解除料金一切ナシ!
・ただし、1年以内のMNP転出時は12,420円の違約金が発生
 月途中での契約の場合、初月の利用料金は日割り計算
 プラン変更を行った場合はSIMカードが新しく届くので入れ替えて対応
・課金開始日は新しいSIMカードと入れ替えて使用しだしたタイミング
・プラン変更をした月の料金計算方法は下記の通り
・・「古いSIM:満額」+「新しいSIM:日割り」
・・上記の合計金額が請求される
 プラン変更、タイプ変更を行う場合はSIMの交換でしか対応できない。その為、利用不可期間がある
・コース変更(月間利用可能データ量のこと。500MBコースを1GBコースにするなど)はmineoマイページから変更可能。

mineoのauプランのみの注意点

mineoのauプランは、ドコモプランのデュアルタイプと比べると90円安いというメリットがありました。
ですが、auプランにはひとつ重大なデメリットがあります。
それは、直近3日間の利用データ量が6GBを超えた場合、速度制限がかけられてしまう点です。
mineoのドコモプランにおいては速度制限がなく利用可能ですが、auプランにおいては一気に使いすぎると翌日以降遅いまま~ということがありえます。
動画閲覧やアプリを多くされる方は注意しましょう。

 

【まとめ】mineoの料金プラン

 mineoの「ドコモプラン」と「auプラン」の2種類から選べるマルチキャリア
 mineoのドコモプランとauプランを比較するとauプランの音声通話ありの方が90円/月、安い!
 mineoのauプランのみ3日間6GB制限がある。ただ、解除料金一切なしで最低利用期間もないことから、初心者の方も気軽に使うことが可能!

続いて、mineoを使うメリットについてご説明いたします。

 

mineoのメリットについて

前回の記事で「mineoの料金について」をまとめました。
今回は「mineoを使うメリット」についてご説明したいと思います。

 

3大キャリアと比べたmineoの格安の料金体系

mineoは、いわゆる3大キャリア(au、docomo、SoftBank)の月額利用料金と比べて、破格の料金体系となっています。
詳しくは下記の簡易まとめをごらんください!

auの場合

 スーパーカケホ…1,700円/月
・5分以内の通話であれば24時間無料の料金プラン
 LTE NET…300円/月
 データ定額3…4,200円/月
・書いてある通り、月間3GBまで使えるパケットパック
 上記合計…6,200円
※上記の合計金額とは別途、端末代金が発生します!

mineo(5分かけ放題つき)の場合

 auプラン(タイプA)デュアルタイプ3GBプラン…1,510円/月
・音声通話ありのSIM、且つ3GBまで使えるプラン
 5分間かけ放題…850円/月
・専用アプリ「mineoでんわ」を使うことでこのオプションを付与できる。
・5分以内の通話であれば、何回かけても無料!
 上記合計…2,360円
※上記の合計金額とは別途、端末代金が発生します!

mineoと3大キャリアを比べてみた感想

上記を見て頂ければお分かりになる通り、mineoも3大キャリアも、5分間かけ放題+3GBまで使える料金プランという事で、内容はほぼ同じです。
にもかかわらず、月額利用料金に大きな差が生まれています。
その差額、なんと3,840円!!
mineo利用なら、1年間で46,080円も節約することが可能なのです。
年間4万円も節約できたら、2年間で8万円…。
8万円もあったら小旅行に行くことも可能ですよね。
こんなに節約できる「mineo」はおすすめですよ。

mineo独自の「フリータンク」というサービス

mineoの「マイネ王」というコミュニティサイトに登録を行うことで、様々なサービスを利用することが出来ます。
その中で代表的ともいえるのが、mineo独自のサービスである「フリータンク」です。

mineoは、月間で利用できるパケットの量が細かく設定されており、自分の使い方に見合った料金プランを選択することが出来ます。
ですが、それでも月の利用できるパケット量が余ってしまう事ってありませんか?
そんなときに活躍するのがmineoの「フリータンク」というサービスです。

余ってしまったパケットを、mineoの「フリータンク」というサービスに『預ける』ことで、他のmineoユーザーに分け与えることが可能なのです。
逆に『今月は使いすぎてパケットが足りなさそう…』という時には「フリータンク」から決まった量のパケットを引き出して使うことが出来るのです。
まさに“持ちつ持たれつ”ですね。mineoユーザー全員でパケットを分け与えることが可能という夢のようなサービスです。

ですが、無尽蔵に引き出せるわけではありません。
また、mineoのフリータンクからパケットを引き出せる条件というものも設定されているので注意が必要です。

mineoのフリータンクからパケットを引き出せる条件

① 累計パケット引き出し量が、累計パケット預入量よりも多い場合、月間パケット残容量が1GB以下でないと引き出すことはできない。
② 引き出し可能時期は、毎月21日~月末日の1日前まで。
★要するに「フリータンクに預けたパケット以上のパケットを引き出す場合には条件が付きますよ」ということですね。
★また、フリータンクから引き出したパケットは翌日に使えるようになります。少しラグがあるので注意しましょう。

mineoはdocomo回線とau回線の両方を使えるマルチキャリア!

通常、格安SIMを提供しているMVNO事業者はひとつのキャリアの電波しか使えません。
例えば、UQ mobileであればauの電波、楽天モバイルであればdocomoの電波、b-mobileであればSoftBankの電波、と決まっています。
ですが、mineoに関しては違います。
mineoというキャリアの中で、auの回線を使うかdocomoの回線を使うかを選択することが出来ます。

どういう時に役立つか、というと引っ越した時などです。
今ではdocomoもauもSoftBankも企業努力によって、電波が非常に安定して入るようになっています。
ですが、地方に行くとまだまだ整備が整っていない場所があり、docomoは入るけどauは入らない、その逆もまたしかりという症状が出るケースがあります。
そんな場合、通常であれば携帯電話を他のキャリアにMNP(番号ポータビリティのこと。今の電話番号はそのままに他のキャリアに変えること)して電波が入るキャリアを使ったり、といったことになります。
ですが、その場合だとMNP転出手数料(番号をそのままに他のキャリアに乗り換える際に必ず発生。元のキャリアから請求)+新規事務手数料(新しく入るキャリアの事務手数料)+解除料金(更新月以外の場合。大抵1万円以上)のお金が必要になります。
ところがmineoの場合、auとdocomoの電波を使えるので、「プラン変更」という処理を行うだけでこの問題が解決します。
その際の手数料もmineoは2,000円で済みますので、非常に安上がりです。

その際の注意点としては、mineoでプラン変更を行うと必ずSIMカードの変更が必要になるので、新しいSIMカードが手元に届くまで携帯電話が使えないという状況が生まれます。
(ただし、Wi-Fi環境下で使う分には問題ありません。通話は不可)

 

mineoの月額100円で使えるIP電話“LaLACall”

mineoには、月額利用料金たったの100円で無制限で使えるIP電話サービス、“LaLACall”があります。
mineoのこのサービスを利用することで相手と通話することは可能なので、音声SIMを契約しなくとも良いかもしれません。

mineoならパケット容量の繰り越しが可能!

mineoは、余ったパケット容量を翌月まで繰り越すことが可能です。
上記でご説明したmineoの「フリータンク」にパケットを入れるかどうかは選択することが出来るので、その設定をするのが面倒くさいという方は、何もしなくても翌月までであれば余ってしまったパケットを使用することが出来ます。
翌月に使用するパケットは繰り越し分から使っていくので無駄もありません。
また、UQ mobileの場合は翌月へ繰り越せるパケット容量に上限がありましたが、mineoにはそれがありません。

例えば、mineoの20GBのプランを契約していて15GB余ってしまった…。
そんな場合は、翌月に余った15GBが丸々繰り越しされます。とても安心ですね。

 

mineoは最低利用期間や解除料金の設定が一切ない!

この点もmineoの大きなメリットと言えるのではないでしょうか。
携帯電話業界によくみられる「契約期間の縛り」というものがmineoには一切ありません。
また、解除料金の設定もmineoにはありません。
仮に、契約した翌月に解約したとしても、解除料金などのペナルティーは発生しないので、実際に使ってみて気に食わなかったりしたらすぐに解約するという事が気軽にできます。

 

【まとめ】mineoのメリットについて

mineoを使うことによって、3大キャリアと比べて非常に安価な内容で、携帯電話を使用することが出来るようになります。
また、フリータンクや余ったパケットパックの繰り越しなど、mineoではデータ容量が足りなくなって速度制限がかかるといったことも少ないでしょう。
mineoは格安SIMの中では非常に安定した速度が出るようなので、特に不便なくお使いいただくことが可能かと思います。
この記事をご覧になったことをきっかけに、是非mineoをご検討されてはいかがでしょうか?

 

mineoのデメリットについて

メリットがあれば、デメリットもあるものです。
今回は「mineoのデメリットについて」をご説明したいと思います。
3大キャリアと比べて非常に安価な内容で使えるmineoですが、デメリットともとれるポイントがいくつかあります。
この点を注意したうえでmineoに契約するようにして下さい。

mineoの“LaLaCall”の音質

月額利用料金がたったの100円で使えるmineoのIP電話サービス“LaLaCall”。
mineo独自のサービスですが、IP電話ということもあり非常に音質が悪いのが欠点です。
ネットでの口コミを見ても、「音質が悪く途中で切れてしまう」とか「音声が聞こえなくなる」など、mineoのLaLaCallには、マイナスな口コミが多く見受けられます。

 

mineoはキャリアメールが使えない

mineoなどの格安SIMを利用する場合にこの問題はつきものですね。
他のMVNO事業者を利用する場合でも同様ですが、キャリアメールが使えないので注意が必要です。
mineoの場合は「~@mineo.jp」というアドレスを無料で発行してもらえるので、そちらを利用するようにしましょう。
mineo利用では、キャリアメール限定のサービスは受けることが出来ませんので、お気を付けください。

 

mineoは混雑時の通信速度が遅くなる

これも格安SIMを使う上でよくある問題ですね。
特に、利用者の増えるお昼の時間帯は通信速度が遅くなると言われています。
その中でもmineoの通信速度はかなりマシなようですが、それでも普段と比べてストレスを感じるでしょう。

 

mineoのauプラン(Aプラン)のみ速度制限あり

mineoのauの電波を使う「auプラン(Aプラン)」のみ、速度制限が課されます。
それは、直近3日間の利用データ量が6GBを超えた場合です。
ちなみに、mineoのdocomoプラン(Dプラン)の場合は速度制限がかかりません。
音声SIMの場合、auプランの方が90円安いですが、こういった差があるのですね。

 

iPhone+mineoのauプラン(Aプラン)の組合わせだと「テザリング」が使えない

mineoでは、基本的に月額利用料金がかからずに「テザリングオプション」が使えます。
ですが、iPhoneに対してmineoのauプラン(Aプラン)のSIMカードを使っている場合に限り、この「テザリングオプション」が使えません。

テザリングオプションとは、要するにスマートフォンを無線LANルーターにして電波を発信、それをゲーム機や携帯機器でつかんでどこでもインターネットが使えるようになるというオプションです。
この機能をよく使う方にとっては、この組合わせはかなりのストレスになりますので、是非とも注意してください。

 

mineoは速度制限解除の際の追加容量が小さい

mineoは、速度制限がかかった場合に100MBを150円で購入することが出来ます。
単位は100MBごとです。

他のキャリアは500MBが550円、1GBが1,000円、という具合にある程度まとまった量を一度に購入することが出来ます。
ですが、mineoの場合は100MBごとでしか容量を追加できない為、その都度手間がかかります。
購入予約は10回まで入れておくことが可能ですが、それでも面倒であることに変わりはないでしょう。

 

2017年9月1日以降、mineoではSIMカード発行料が発生する

上記の日付より、mineoではSIMカードの貸与に関する手数料が発生するようになります。

 docomo回線…394円
 au回線…406円

地味に痛い手数料ですね。

 

mineoのプラン変更やタイプ変更は「SIMカードの変更」!

mineoを使う上で、この部分が個人的に一番大きなデメリットであると感じました。
mineoを利用しているユーザーがプラン変更やタイプ変更を行おうとすると、必ず新しいSIMカードが送られてきます。
手続き完了から新しいSIMカードが手元に届くまでの2~3営業日の間、携帯電話の利用不可期間というものが発生します。
他のキャリアの場合、プラン変更を行った場合は特にSIMカードを入れ替えるといったことはなく、処理が終わったら翌月まで待つだけです(プラン変更をすると翌月からの適用となるため)。

mineoもWi-Fi環境下であれば問題なく使うことが出来ますが、それ以外では基本的に圏外という表示がなされ、携帯電話が全く使えなくなってしまうようです。
仮に仕事でmineoを使っている場合は、通話が一切できなくなってしまうので、業務に支障が出ることは間違いないでしょう。

 

mineoは最低利用期間はないが、1年以内にMNP転出をするとペナルティーが発生!

「mineoのメリットについて」で最低利用期間がない、という風にお伝えしました。
ですが、mineoは契約してから1年間はMNPを行うとMNP転出手数料という名目で「12,420円(税込)」の料金が発生してしまいます。
これは、MNPによるキャッシュバックや優待を受けることを目的とした転出を防ぐために設けられたものと考えられます。
その為、万が一、「mineoを契約したはいいが使いづらいから他のキャリアにしたい!」という場合には、一度その携帯電話を解約して、全く新しく他のキャリアで新規契約をした方が無駄に料金を支払わなくて済みます。

【まとめ】mineoのデメリットについて

今回はmineoのデメリットについて調べて、まとめてみました。
mineoには意外と多くのデメリットがありますが、それを補って余りあるほどのメリットがあります。
以上の点に注意して、上手くmineoをご利用いただければ幸いです。

それでは、今回はここまで。最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です